So-net無料ブログ作成
検索選択
 ┣ TV・映画・DVDレビュー ブログトップ
前の10件 | -

★★★★★ - DVD『ファイヤーフォックス』 [ ┣ TV・映画・DVDレビュー]

2008-05-21。 

風邪

ぶり返す。

まいっちゃったな~;;;。

みなさんに頂いたお言葉通り、

なにもしないで寝てたんですが、

また悪化しちゃいました;;;。

ということで、

DVDレビュー継続。

本日は、不朽の名作

ファイヤー

フォックス

をご紹介しますね。

★★★★★

文句なし。

続きを読む


nice!(36)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★★★★★ - DVD『インデペンデンス・デイ(ID4)』 [ ┣ TV・映画・DVDレビュー]

今日もお出かけできるまで

回復できませんでした。

今日のDVDレビューは、

ID4
(インデペンデンス・デイ)

★★★★★

です。

続きを読む


nice!(38)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★★★★☆ - DVD『片腕カンフー対空とぶギロチン』 [ ┣ TV・映画・DVDレビュー]

今日はですね、

出かけてないので、

久しぶりに

DVDレビュー

やります!

ちゅうバスもさくらも

ありますよ!

今日のDVDは、

片腕カンフー対

空とぶギロチン

です。

続きを読む


nice!(33)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

★★★★★ - DVD『アイ,ロボット』 [ ┣ TV・映画・DVDレビュー]

今日も映画(DVD)レビューで~す。
レビュー記事って、わからない人置いてっちゃってるんだうな~。
……なんて心配しつつ、今日は秀作紹介
『アイ,ロボットです。

観どころは、CG全開のアクションや、心を持ったロボットの苦悩、推理的要素などがある、近未来SFロボット娯楽映画です。
ハードSFじゃありません

本作は、コンセプトがしっかり描かれていて、しかも
実に意味深いです。

また、数回見ただけでは細かい話の矛盾などに気付きません。押し切ってくれます。何回観ても飽きません。

従って、娯楽作として、本作は★★★★★をつけました。

実は、この映画の解釈をめぐって、いまでもときどき
家族会議が開かれますw。
それだけおもしろいってことと、相手してくれるカミさんに感謝

※途中からネタバレしますが、まだ続きを読んでも大丈夫です。

続きを読む


★★★★★ - DVD『マトリックス』三部作+『アニマトリックス』 [ ┣ TV・映画・DVDレビュー]

今日は、
『THE MATRIX』
『THE MATRIX RELOADED』
『THE MATRIX REVOLUTIONS』
『THE ANIMATRIX』
(スピンオフ)
をまとめてレビューです。

とにかく観てない人は観て!
ということで、★★★★★文句……あるけど、なし!

※途中からネタバレしますが、まだ続きを読んでも大丈夫です。

続きを読む


公開前映画のトレーラー(予告編)集 [ ┣ TV・映画・DVDレビュー]

もう、俺が映画好きなのはバレバレだと思いますが……、
まだまだ観たい(観てない)映画もたくさんあるし、
封切りを待っている映画もたくさんあります。

そんな俺たち映画好きワクワクさせてくれるのが、
トレーラー(予告編)。

レビュー記事にYouTubeのトレーラー(予告編)を掲載するようになってから、予告編探しが楽しくなってきました

今日は、そんなトレーラー探しの中で、たまたま見つけた封切り前の映画のトレーラーを集めてみました。
ぜひお楽しみください。

続きを読む


【市川崑追悼】★★☆☆☆ - DVD『病院坂の首縊りの家』 [ ┣ TV・映画・DVDレビュー]

2008年2月13日に他界された、市川崑監督の追悼企画です。
今回が本企画の最後の記事となります。

今回は、
『病院坂の首縊りの家』
レビューです。

『犬神家の一族』『悪魔の手毬唄』『獄門島』『女王蜂』に続く、
市川崑&石坂金田一シリーズの5作目です。
これで、市川崑&石坂金田一シリーズはいったん終了となります。
『犬神家の一族(2006年)』まで作られませんでした。

だいぶ内容がとっちらかっちゃった感があります;;;。
内容をじっくり追うと悲しい女たちの運命なのですが、脚本や演出の問題で、せっかくの主題がだいぶぼやけてしまっています。

従って、今回は辛めに★★☆☆☆としました。

※途中からネタバレしますが、まだ続きを読んでも大丈夫です。

続きを読む


【市川崑追悼】★★★★★ - DVD『女王蜂』 [ ┣ TV・映画・DVDレビュー]

2008年2月13日に他界された、市川崑監督の追悼企画です。

今回は、
女王蜂
レビューです。

『犬神家の一族(1976年)』『悪魔の手毬唄』『獄門島』に続く、市川崑&石坂金田一耕助シリーズ第4作です。
『悪魔の手毬唄』のように、強い推理色を保ちながら泣きテイストも濃くした作品です。

本作を駄作と評する方もいるようですが、俺の評価は違います。
レビュー結果は★★★★★としました。

泣けます。傑作です。

※途中からネタバレしますが、まだ続きを読んでも大丈夫です。

続きを読む


前の10件 | -  ┣ TV・映画・DVDレビュー ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。